みんなで決めたルールのご案内

いつもありがとうございます。

新しくルールがもうけられました。

実は、創業当初は社内ルールなどありませんでした。

(コンパニオンの一般的なルールはもちろんある)

ですが人数も増え、いろんな方がお仕事をされると、ある一定のことが起こります。

・遅刻

・当欠

・仕事ができない・・

などなどです。

そのためルールが作られました。

まず、遅刻、当欠については、罰金というルールを作りました。

厳しいように感じますが、一社会人、また委託・請負契約という契約からすと、当然という考え方もあります。

ですが一番の目的は

まじめに出勤していただいてる女性スタッフを守るために作ったのです!

実際、キャストさんたちから

「罰金ないのあり得ない!」
「ちゃんと時間守って来てるのに、遅刻する人と同じ扱いは納得いかない!」
「同じにしないでほしい」

などなど、数々の声をいただきました。

(私もそれは理解できます)

女の子同士、みんな見てますからねー。

 

そして見ていてわかったのですが、

・当欠する人は何度も当欠をする

・遅刻する人は何度も遅刻をする

いい年した大人になっても、お約束守れないのですから、今後も、治ることはないのです。

そんな人たちに小言を言うのも、エネルギーの無駄使いです。

なので、罰金という形でご自身にも自覚してもらうようにしました。

(罰金徴収されても自覚してないかな)

 

ちなみに、遅刻の場合は、15分毎1500円差し引く形になります。

遅刻した場合は、お客様からもその分のお代はいただけません。

なので、委託・請負契約上も、お支払いもできないということになります。

 

当欠は1回12000円です。

ですが、代理の女の子を手配してくれれば、罰金は免除になります。

お友達を当日手配してください。

お席に穴をあけるわけにはいかないのです。

あなたが当欠したことで、お仕事自体一つ失うことになります。

今後もその企業さまからお仕事いただくことはないでしょう。

罰金くらいじゃ済まないのが実情なのです。

 

次、仕事ができないというパターンですが

結局、コンパニオンという仕事自体、向いてないのです。

無理にやる必要はありません。お互いメリットがないので、契約は終了にしましょう。

他にも仕事はいくらでもあります。

 

ちなみに、コンパニオンというお仕事は、2,3日働くと、ある程度のコツをつかみ、形にすることができます。

未経験ですという子でも、2,3日でたいてい慣れます。

でも何回も出勤しても、まったく動けない(仕事ができない)という子は、一定数います。

陰で、何度もサポートするのですが、やっぱり動けないのです。

「いつ動けばいいかわからない」

「気配りの仕方がわからない」

「どうやってお話の区切りをつけるかわからない」

などなど言われます。

 

・タバコを持ったら、ライターに火をつける

・同じ場所には10分といない

・灰皿2,3本たまったら交換

・アルコールはグラス3分の1まで減ったら新しく作る

などなど、業務はある程度ルーチン化できます。

マニアルも用意して説明してます。

コンパニオンというお仕事自体、単純作業なのです。

ですが向いてない子に無理にお仕事してもらうのは、本人にとっても、会社にとっても良くありません。

なので辞めていただくこともあります。

 

コンパニオンサービスは、ある意味動いてなんぼです。

パッパッと機転きかして動ける子が向いてるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。