インフルエンザになりました。当欠になりますが罰金は必要ですか。

お仕事を気軽に遅刻・当欠してほしくないため、弊社は、罰金制度を設けてます。

面接の際、インフルエンザになった場合はどうすればいいですか?それでも当欠だから罰金ですか?と聞かれました。

結論から言うと「それでも罰金」ということになります。

お仕事に穴をあけ、会社、お客さまに損害を与えることになりますので、罰金は通常通り発生することになります。

確かに仕方ないことですが、日本中全員の人が、インフルエンザになるわけではありません。

ご自身の不注意が原因です。

体調管理も社会人としての心得・マナーですので、お仕事入れた場合は、さいごまで責任を持ってほしいと思います。

それに、弊社とキャストの方たちの関係は、請負契約・委託契約になります。

個人個人が自営業者・社長という位置づけになります。

ただし、当日代理の女の子を、手配していただければ、罰金徴収はありません。

お友達で結構ですので、お席に穴をあけないよう手配してください。

もし、代理の女の子を立てることができない場合は、やはり損害分のご負担はしていただくことになります。

ですので、体調管理だけはしっかり行っていただきますよう、お願いしております。

なお、代理で来ていただいた、友人の子には、あなたと同額の報酬をお支払いします。

もちろん友人の子は特に身分証を提出する必要もなく、当日領収書を発行してもらうだけでOKです。

罰金というと響きが悪く怖い制度に思えますが、

逆に、まじめに仕事されてる方も多くいるため、まじめに出勤していただいてる方を守るために、この制度を取り入れてるとも言えます。

遅刻、当欠さえしなければ、罰金制度とは無縁になります。

通常通り業務していただければ、この制度はまったく関係ないと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。